母作『油吸い取り紙』

 
 
 
一昨日の夜から昨日までは、少し涼しかったので
(34度だったのが31度くらいですが)
機会を逃さず「アクリルたわし」を編みました。
画像
よーし!使い古しは、明日流しを掃除して捨てよう。




こちらは母が職人のように、大量に作っては持たせてくれる「油吸い取り紙」
画像
これは書道で使う「画仙紙」をカッターやペーパーナイフで切って、
目打ちで穴を開けて紐を通し、提げられるようにしたもの。

これで、食器や鍋の油汚れ等を拭き取ってから洗います。
大量に使って拭き取って、後は水洗いでもOKなくらいにしてます。



父は書道をやっていましたが、大量に買い込んでいた紙や墨を
使い切る前に他界してしまって、知り合に分けたりもしましたが
状態の悪い紙や、書き損じ、練習に使った物なども大量にあって
処分に困った母が考え付いて、作りはじめたようです。


父もまさか、自分が買い集めた「画仙紙」が、こんな使われ方をするとは
思ってもみなかっただろうな。
画像
まだまだ色んなところに入っている…


サラの紙をもったいないと、思われる方もいるかもしれませんが
ウチで書道をやってる人間が今いないので
そのまま捨てたりするよりいいか、と思っています。



後10年くらいして、まだ紙や墨が残っていたら
また書道を始めてみようかと思っています。

…絶対残ってそうな気がする。






中国本画仙 紅星牌 半切判 単宣
書道用品の東方交易
中国本画仙 紅星牌 皆様に最も多く親しまれている画仙の最高峰「本画仙 紅星牌」 「宣紙」は中国の良質


楽天市場 by 中国本画仙 紅星牌 半切判 単宣 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




この記事へのコメント

Batoh
2010年08月09日 21:39
私も小学校低学年から、中学二年まで書道ならってましたよー!思い出すのは、夏に書く、大物で・・・こりゃうまいことできた!っておもった矢先に額から汗がパタリ・・・私もパタリ・・・○凹
というのを夏になると思い出します・・・

この前のアクセの金魚の和な感じで、銘入れ用に和の刻印とかもかっちょよさそうですね・・・(すごい難しそうで無責任なアイディア(;´ρ`))
2010年08月10日 01:17
Batohさんもですか?あはは、そういえば汗が落ちちゃうことあった!自分は5歳から中学3年まで習ってて、夏休みは大物の出品作の練習で明け暮れ、夏休みのイヤな思い出No,1かも。身内に何て習うもんじゃない。いつでも年中無休ですから。

「和の刻印」大変イイと思います!知り合いは漢字の「銀」って刻印作って使ってました。カッコイイの。でもね~刻印1本一万円位するんだ~そこがね~(´`)