「SGアトランティス5」第83話『セティーダの誇り』

 
 
 
※一応ネタバレ注意です。





今回はロノンがレイスに捕まりました!

レイスは人の生気を餌にして生きていますが、
なんと、一度吸った生気を戻すことが出来ます。
戻す時に、人体に特殊な酵素が注入されるようで(キミたちはかっ?!)
その酵素が少なくなってくると、薬物中毒のような症状を引き起こすようです。
そのため麻薬を欲しがる人間のように、それを与えてくれるレイスの言いなりに。
(薬の売人と客の関係の様?)

一度はレイスの言いなりになってしまうロノンですが
最終的には酵素も抜け元通りに。
薬物中毒患者と同じように、酵素が抜けるまでは物凄い苦しみようで
肉体的にも、精神的にも強い彼が、殺してくれと叫ぶ姿を
仲間は見てるのツライだろうなぁ。


今回ちょっと楽しかったのは、ウールジーさんがテイラに頼まれて
赤ちゃんを抱っこし、父親の所に連れて行くシーン。
クソ真面目なオヤジキャラが「おじちゃんですよ~」
あやしながらウロウロする、かわいい絵面でした。
こう言う、ちょっとした楽しい演出が、この辺のドラマはうまいなぁと思います。


そう言えば、レイスは確か「昆虫」から進化したんだった。げぇ~
それで何で人型に?とか言っちゃいけないんだろうな…


懲りずに今回はレイスを描いてみました。
画像
なんか、こんな感じ。
銀髪です。肌は白ってゆーか、薄い青緑ってゆーか…
そして、なんだか肌がテラっとしてます。


基本が少女マンガ育ちなので、なにを描いてもこんな感じ。
ははは。なんだかすいません。





…そんなことより、1ドル84円切っとるがね!!

この記事へのコメント