佐藤和歌子『 間取りの手帳 』

 
 
 
 
 
 
ココ何日か、自分にしては小難しい本を読んでいたので少し息抜きを。



何度も開く本なんですが、何だかいつもおかしい。
画像




こんなのとか。
画像
こんなのとか
画像
こんなの。
画像
実際存在していて、住んでる人がいるってのが面白い。
すごい間取りがいっぱい載ってて楽しい。



はぁ~。和んだなごんだ。



いかがですか?お宅にも一冊。













間取りの手帖
リトルモア
佐藤 和歌子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 間取りの手帖 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事へのコメント

2011年07月24日 07:05
この本。面白いね(^^)
ひしゃくの部屋の長い廊下は、楽しめそう。でも斜めに付けた便器の後ろスペースがもったいないな~。設計者はお風呂よりトイレにゆったり入りたい人なのかな~。
想像が膨らみます♪
立体化させて想像するの、結構好きです♪
今の家も、全部自分で間取り図を書きました(^^
2011年07月24日 11:57
おはようございます!
この本、私も持っていますv(^^)
間取り見るの大好きなんですが、ここに載ってるのって、本当にこんな家があるのかい。。。ってのばっかですよね。

見てるとにやけますね♪
続編みたいのもあったような。(^。^)
2011年07月25日 06:21

seaglassさん、コレ面白いですよ。
現実的でツマンナイことを言ってしまうと、ひしゃく部屋の便器はユニットバスの小さなスペースの中に納まってるから斜めに付いてるんだと思います。斜めに設置しないとドアが開けられないんだと思う。多分ですけどね。
ご自分で間取り図書かれたとはさすがです!
 
2011年07月25日 06:26

クローバーさん、持ってるの?なんか嬉しい!(^▽^)
そうそう、ホントにこんな部屋存在するの~?って思うのいっぱいですよね。何回見ても可笑しくて、コメントみたいのにウケてます。
リミックスだかなんだかってのが出てるようですが、コメントがちょっと弱くなったとか書かれてましたよ。