「 貴石 」

 
 
 
 
 
 
こころの奥に咲く

色とりどりの花

それは君自身

君の中で育つ

君の中の美しいもの

優しいもの

楽しいもの

寂しいもの

悲しいもの

醜いもの

愚かしいもの

豊かに咲く

全てが君

その一番奥

深い場所で咲く

可憐なもの

堅くて脆くて

純粋で

もしも

砕け散って

元に戻らなくても

それが美しいって知ってる

それは美しいって 
 
知ってるよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事へのコメント

2012年06月15日 22:46
・・・・なんか近頃あたしばっかりコメ入れて、申し訳ないですが・・・・。

なんかじぃ~~んと来ちゃいました。
この気持ち、届くと良いですね。
2012年06月15日 23:41

Canさん、ありがとうございます。
これはある女性のことを書いています。
とっても可愛いところがあるなぁと、感じる人なんです。(^^)
 
2012年06月16日 11:01
昨日から何度お邪魔してるか(^^)
とっても惹かれる気持ちを伝えたいんだけど、どうコメントしたらいいのか言葉が見つからなくてスゴスゴ帰宅。。。(笑)
最近、心の中で自分のことを『あたクソ』と言うことが多くなりました。
みんな色んな思いを抱えて生きてるでしょ。
それでも、せめて心の奥の澄んだ霊を濁らせないように砕かないようにと踏ん張ってるんだと思うんだよ。
私のは元に戻せそうにないみたい(-_-;)
せめて澄んだまま砕きたかったかも。なんて。
2012年06月16日 19:31

seaglassさん、ありがとうございます。
澄んだ部分ありますよ。あると思います。
seaglassさんのブログを全部読んでるわけじゃないし、全部読んだって垣間見えることしか分かりませんが、澄んだ部分があるから、吐き出したり伝えたいことがあったりするんだと思います。
理想が自分を苦しめても、砕けたモノが元に戻らなくても、元の形じゃなくても、粉々でも、見た目が変わるだけのことなのかな、って思います。
…なんだか甘ちゃんな発言かな?毎度ごめんなさい。
 
2012年06月17日 17:55
砕け散っても見た目が変わっただけ、、、
そうかぁ、そうなんだね。
砕け散っても、かき集めたらキラキラ光ってるかもしれなよね。
そんな事があったら、これを思い出そう。
2012年06月17日 23:30

oriverさん、ありがとうございます。
砕けて形が変わっても、よくよく見れば輝きに違いはないのかなぁと、性質が変化するんではないのかなぁと思ったりします。
より複雑に輝いて見える。かも、しれない。
…やっぱり甘いかな~?(^^;)
 
Aura
2013年10月11日 21:46
きれいな文章(詩?)ですね
ご友人への気持ちでしょうか?
たしかな友情なんですね
変わることない
full
2013年11月06日 07:39
 
Auraさん、コメントありがとうございます。
確かな友情?変わることのない?
どうでしょう?コレはその時思うことを素直に言葉にしたものですが、その時でさえ「その人」のことを分かっていたかどうかは定かではありません。こちらの勝手な思い込みが強かったんだと思いますし。
でも多分「美しいもの」って、皆が持ってますよ?